平塚市で生活習慣病・高血圧なら平塚生活習慣病相談室まで
HOME>Q&A

Q&A

血圧って何ですか?
動脈の内圧です
血液は心臓のポンプ作用によって動脈を通って全身に送られ、静脈を通り心臓に戻ってきます。 それによって生命を維持するのに必要な酸素や栄養分を運んだり、二酸化炭素や老廃物などを回収したりします。血液が血管の中を通るとき、血管の壁に内側から圧力がかかります。この圧力が「血圧」です。普通、「血圧」というと動脈の内圧を指します。
高血圧になる原因はどんなことですか?
今のところ、はっきりとした原因は分かっていません。 日ごろの生活習慣や、遺伝などによる体質、他の疾患など、いろいろな要因が複雑にからみあって発症するといわれています。
塩分のとりすぎ
塩分を薄めるために体に水をため込み血液量が増加し、血圧の上昇につながるといわれる

喫煙
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため血圧が上昇する

肥満
肥満で高血圧の人は、やせると血圧が下がることが多くの調査で確認されている 

飲酒
過度の飲酒、つまり「のみすぎ」が毎日続くと血圧が上がってくる

ストレス
社会でうける様々なストレスは血圧の上昇につながる

体質・遺伝
「高血圧になりやすい体質」を受け継ぐと、比較的若いころから高血圧になることが多い
「高血圧症」の自覚症状はないのですか?
頭痛やめまい、耳鳴りなどが現れることがあります
頭痛やめまい、耳鳴りなどが現れることがありますが、特別な自覚症状が現れないことも多いです。しかし症状がないからといって「ほうっておいても大丈夫」ではないのです。症状がないために「たいした病気ではない」または高血圧症であることにさえ気づかず、治療せずにほうっておくと、知らないうちに心臓や血管に大きな負担がかかり、やがて心臓病や脳卒中、腎臓病など、命にかかわる病気 を引き起こす原因になります。 つまり、自覚症状が出てからではアウト!な疾患なのです。
高血圧症の治療は?
基本は他の生活習慣病と同じく食事療法・運動療法です。それらをきちんと行っていても血圧の下がり具合が十分でなければ、薬が処方されます。
◇食事療法で気を付けることは
・塩分を減らす(1日7g以下に)たとえば「梅干1個」、「あじの干物1枚」、「たくあん3切れ」を減らしただけで、 それぞれ2gずつの減塩が出来ます。
・一日に摂取するエネルギー量を減らす(カロリーをとりすぎない、食べ過ぎない)
・アルコール飲料の1日量(適量)は、日本酒は1合まで、ビールは大ビン1本まで、 ウイスキーはダブルで1杯まで、ワインは200cc(ワイングラス2杯)まで、焼酎(25度)は100cc(コップ半分)まで

◇ 運動療法では
・長く続けられるもの(1日1万歩歩くなど有酸素運動を多くする) ・ 最低20分(理想なら30分以上)続けて、週に4~5日くらい
糖尿病の糖<尿>とは?
「ブドウ糖」です
糖尿病とは、血液中に含まれる「ブドウ糖」という糖が多くなる病気です。血液中のブドウ 糖の濃度が一定の値を超えると、尿にブドウ糖がでてきます。しかし、糖尿病の人全員の尿に糖が出るわけではありません。尿に糖が出ない糖尿病の人もいま す。また、腎性糖尿など、糖尿病でないのに尿に糖が出ることもあります。 糖尿病とは、「尿に糖が出る状態」と言うよりも「血液中のブドウ糖が健康な人よりも高い状態」のことなのです。
なぜ糖尿病になるのですか?
細胞内にブドウ糖をうまく取り込めなると糖尿病になります
食事をした後、腸から吸収されたブドウ糖は血液中から脳や筋肉などの細胞へ入り、私たち が活動するのに必要なエネルギー源となります。細胞内にブドウ糖を取り込むのに必要なホルモンが「インスリン」です。このインスリンの働きが悪くなったり、体内で作られなくなったり、作られても量が少なかったりして細胞内にブドウ糖をうまく取り込めなくなると、ブドウ糖 は血液中にとどまり、血糖値(血液中のブドウ糖の量)が高くなってきます。血糖値が高い状態を「高血糖」といい、これが糖尿病の状態です。
糖尿病の自覚症状は?
糖尿病の初期には自覚症状はほとんどありませんが、高血糖状態が長く続くと次のような症状があらわれてきます。
◇のど、口の中が渇き(舌が乾く)、水分を多く取るようになる
◇ 尿の回数が多くなり、量も増える

◇ 空腹感が強くなる

◇ 体重が急に減り、疲れやすくなる

さらに糖尿病が進行すると、

◇ 手足がしびれたり、皮膚がかゆくなったりする
◇ものが見えにくくなる(失明する場合もある)
◇ちょっとした傷が化膿しやすくなる
健診で初めて「血糖が高い」といわれました。何に気をつけたらよいですか?
まず生活習慣をみなおしてみましょう。
食べすぎ、飲みすぎ、運動不足、ストレスなど、生活習慣病をひきおこすといわれている生活パターンを改善することが大切です。 また、再検査は必ず受けるようにしましょう。特に再度高血糖が見つかるようであれば、糖尿病の詳細な検査(ブドウ糖負荷試験など)を受けることを強く勧めます。 もしかすると糖尿病が見つかるかもしれませんし、早期に発見できるのであれば、合併症が進んだ状態で見つかるよりもはるかに幸運なのではないでしょうか。 「ちょっとくらい血糖が高くても、何も症状がないから平気だ」とほうっておくことが一番危険です。 つまり、前者2疾患と同様に自覚症状が出てからではアウト!な疾患なのです。
高脂血症(脂質異常症)って何?
血液中に、脂肪分が異常に多い状態のことです
ここでいう脂肪分とは、 コレステロールとトリグリセライド(中性脂肪ともいう)です。 どちらも人が生きていくのに必要な成分ですが、これらが増えすぎると 体のバランスが崩れてしまい、動脈硬化等を進行する原因になります。
高脂血症は痛くもかゆくもないし、生死にかかわるものではないでしょう?
生死に関わる事があります
自覚症状が無くても、気づかないうちにどんどん健康を害していくところが、高脂血症の恐ろしいところです。 つまり、血液検査をすれば異常が見られるだけで何の不自由も感じず、 自覚症状もありませんが、高脂血症が長く続くと動脈硬化が進行して血管が狭くなったり、プラークが破裂して血管の中で血の塊ができてしまったりして、ある日突然心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病気を引き起こすこともあります。 つまり、高血圧と同様に自覚症状が出てからではアウト!な疾患なのです
高脂血症と心臓病には関係があるのですか?
関係があります
心臓に酸素や栄養を補給している動脈が高脂血症のため動脈硬化を起こすと、血管が狭くなり、血液の流れが悪くなって心臓の酸素不足が生じます。 そして心臓の筋肉に酸素やエネルギーが不足することで狭心症や心筋梗塞が起こり、 胸の強い痛みを生じたり、最悪の場合には死に至ることもあるのです。 統計的にも、総コレステロール値が高い人ほどこのような心臓病を引き起こす可能性が高くなることが分かっています。また、現在、日本では心臓病の死亡者数はガンに次いで多くなっています。
高脂血症は薬で治りますか?
薬で高脂血症が「治る」ことはありません。
高脂血症の薬物療法は、血清脂質の値が高すぎる場合や、食事・運動療法をしばらく続けても効果が十分に現れない場合に始められます。しかしながら、薬を飲んでいても食事・運動療法はずっと続けていないと、薬の効果が十分にでないことがあります。 また、血清脂質の値がさがったから「治った」と勘違いして薬を飲むのをやめると、また元どおりになってしまうので、薬は忘れず飲み続けることが必要です。つまり、薬で高脂血症が「治る」ことはありません。 なお当院の高脂血症加療はこちらのページから飛んでください
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。